アーカイブ

【子育てコーチ紹介】高橋美佐コーチ

高橋美佐
高橋美佐コーチ(京都府京都市在住)

【コーチ資格】
生涯学習開発財団認定コーチ
日本教育推進財団認定ヘルス&メンタルコーチ

【コーチ勉強歴】 2006年11月スタート

【コーチ勉強機関】
コーチ21 ヘルスコーチ・ジャパン

【子ども】
長男:1990年生まれ
次男:1993年生まれ

【ウェブサイト】
思春期男子にコーチング



【子育てコーチングに興味を持ったきっかけ】
私の体験をお話しします。

小学校のPTA活動でコーチングを知り、「その子らしさを大事にする」という考えに出会ったときは、ちょっとショックでした。

それまでの私は、「子どもために良かれと思って」「親の価値観どおりに子どもを育て」ようとし、「子どものためにこんなに頑張っているのに何故うまく行かないのだろう」と思っていました。

けれども、コーチングを学び始め「その子らしさを大事にする」を実践しはじめたら、子どもがどんどん力をつけていきました。

つまり、自分の選んだ道をしっかり歩んでいく力、失敗しても、やりなおす力をもった人に成長していきました。

こんな素敵な「子育てコーチング」を多くの方に知っていただけたらと思います。


【ダブルスでやりたいこと】
子育てコーチングの中でも、私の得意分野は、思春期の子どもと受験のサポートです。

  1. 思春期という多感な時期の子供に親としてどうかかわるか
    (思春期の転校も経験しました)
  2. 中学受験、高校受験、大学受験のサポート
    (受験生の親を8年経験しました)
  3. 部活を勉強の両立をどうサポートするか
    (子どもは12年間、野球をしていました)
    また、私の考える「子育てコーチング」では、「親が自分らしく生きる」ことが欠かせません。
    そのために
  4. 親のためのライフ・コーチング
    お子さんの「その子らしい人生の土台をつくる」子育てコーチングを、個人コーチングまたはワークショップを通じてご紹介しています。

【お母さんへのメッセージ】
子どもは「親の言うこと」ではなく「親のすること」を見て育つようです。
ですから、「その子らしさを大事にたい」とお考えなら、まず親自身が「自分らしさを大事にした」生き方を見せるのが、 遠回りのようでいて、かえって近道なのではないでしょうか?

再び、私の体験をお話しします。

私は、子育てのために仕事をやめてなくてはならず、初めは子育てがとてもつらかったです。

自分が果たせなかった望みを子どもに託そうとしたのかもしれません。
親の価値観を子どもに押し付ける子育てをしていました。

もちろん「子どものためによかれ」と思ってです。
でも、なかなか思い通りにいかず、ストレスはたまるばかり。

そんなとき、コーチングに出会い、「自分らしさを大事にする」生き方をはじめました。

子どもは思春期まっただ中。
引っ越しや受験があり、なかなか大変でした。

しかし、自分自身が充実すると、なぜか、子育てもとても面白くなりました。

「その子らしさを大事にするコツ」もだんたんわかってきました。

子育てコーチングは、親が、自分の人生を楽しく充実して生きて見せるところから始まると思っています。

コーチングで親も子も共にそれぞれのハッピー・ライフをつくりませんか?


【子育てコーチング実績】

準備中


お試しコーチング(1回無料)を申し込む

高橋美佐コーチのその他の情報を見る


ダブルス登録 子育てコーチリストを見る

講演/研修を依頼する

講演/研修の実績を見る


ダブルスのFacebookページができました
ダブルスからのおすすめ情報や登録コーチの最新情報をお届けしています。

ダブルスに問い合わせする

コメントは受け付けていません。