アーカイブ

社会勉強中 (武井八重子コーチ)

武井八重子

彼女が学校をやめて、半年が過ぎました。

毎日何をしているか・・・?バイトに行って頑張っています。

彼女のバイトは採用されると3日間東京で研修があって、その後も勉強(覚えることが山ほどあるらしい)しています。

そんな彼女が最近とてもいい社会勉強をしています。

そうなんです。
先輩に注意され、お客様の前で失敗してまた怒られてと、学生ではなかなか味わえないような体験をしています。

最初はお客さんがたくさん来て、自分がパニックになったようです。

先輩に「いい加減に覚えてよ!」と注意され、どうしようと思っていたらまた間違えてしまい、こみ上げてくる焦りと悲しみと不甲斐なさに 涙を流さないようにすることが精一杯だったようです。

2度目は先輩に聞いた通りにしていたら、別の先輩にそのやり方は違うと言われ、注意されたとのこと。

その時に近くに教えてくれた先輩がいたのにもかかわらず その先輩はかばってくれなかったようです。

彼女としては先輩に言われたと伝える事は、告げ口となるような気がして 黙っていたために、このような事が起こったようです。

3度目は最近ですが、レジで間違えたら「ちょっと来て!」と言われ 外で説教されたようです。

それはそれはまるでいじめのようで、彼女はとてもくやしく(レジでの間違いは自分よりも多い人がいるらしい) 反省どころではなかったようです。

この一連の出来事はいつも同じマネージャーがらみで、ほとほと彼女も嫌気がさしてきたようです。

そんな出来事があったときに私の携帯メールに
「もうやめる!うんざりだ!やめるから!」
と入ってきました。

私はその日、彼女のべっとの横に座り、泣いている彼女にこんな対応をしました。

娘「もうやだ!私はやめるから」

母「そうか~それは辛かったよね。くやしいよね」

娘「そうだよ、そりゃ私が1番下だけど私だけが間違えてる訳じゃないんだよ」

母「だよね~あなただけが間違えている訳じゃないんだよね」

娘「マネージャーは私だけに言うんだよ」

母「そうなんだ!本当にあなたにだけ言うの?」

娘「・・・」

娘「私だけじゃないかも。マネージャーが来るとみんな緊張するんだよ」

母「そうなんだ~どんなオーラーを出してくるの?」

こんな感じで話を聞きました

私の頭の中には どこにいっても、似たようなことは絶対起こる。

意地悪な(?)人は必ずいる。

ここで逃げたらこれ以上成長できないよ。と伝えたい気持ちで一杯でした。

でもその時はぐっと堪えて言いませんでした。
興奮して自分を見ることが出来ていないときに、正論をかざしても受け取れないだろうと感じたからです。

多分彼女からは「ママも私の事を分かってくれない。もういい」 と言われることは間違いない事です。

そして翌日彼女から出てきた言葉は
「やめるのやめた! ここでやめたらマネージャーに負ける事になる!」
「マネージャーを見返してやる!」

私は「そうか~!すごいファイトだね。うれしいなぁ~」と笑顔を一緒に言いました。

そしてその日マネージャーに会うなり「これからも頑張りますから、よろしくお願いします」と言ったようで・・・

へぇ~なかなかやるじゃん!
彼女なりに社会勉強をして、成長していると感じている最近です。

これからもいろんな事があるだろう、でもその調子でがんばれ! 心からエールを送っているよ~!


武井八重子コーチのエッセイリストを見る

武井八重子コーチのプロフィールを見る

お試しコーチング(1回無料)を申し込む

講演/研修を依頼する

 

コメントは受け付けていません。