アーカイブ

信じて見守る (武井八重子コーチ)

武井八重子

最近発見したことが「魔の6ヶ月」です。
何のことかというと、彼女が何かを始めてからやめる時期です。

学校も今回のバイトも、考えてみるとどちらも6ヶ月です。

私から見ている限りバイトは実に楽しそうに行っていたのですが、突然「やめる」と言いだし、理由はなんともはっきり分からないのが実情。

学校の時もそうでしたが、首に緋もつけて連れて行くわけにもいかないし、結局彼女にまかせています。

ひょっとしたら、私が間違っているのかもしれません。

もっと厳しく、人として継続することの大切さを伝えなければいけないのかも知れません。

どこかで、任せると言いながら、逃げているのかもしれません。

コーチとして話はきちんと聞いているつもりで・・・でも、行動への繋がりが感じられないのが今日この頃です。

こんな感じて書いていくと彼女が問題行動を起こしているように聞こえるかもしれませんが、そうではないんです。

彼女は彼女なりに、将来に対して漠然と不安を感じ、どうにかしたいと思っているんだろうと察することは出来るのです。

親として何ができるんだろう?

そう考えると答えは「信じて見守る」につきます。

この「信じて見守る」はとてつもなく大変なことだということは、経験上分かっています。

最近は意識してこの感情に向き合わずに生活できていて、この辺でまた思い出せとでも言われているようです。

私が19歳の時には、彼女のように将来の事を考えたり、悩んだりせず毎日をのほほ~んと過してきました。

今、彼女が悩んで考えているこの事が、近い将来「あの時悩んでいたんだ~!」なんて言える日が来ることを願って、見守っていこうと思います。

また何か変化があったら、書きますね。

今回は、この辺で・・・


武井八重子コーチのエッセイリストを見る

武井八重子コーチのプロフィールを見る

お試しコーチング(1回無料)を申し込む

講演/研修を依頼する

 

コメントは受け付けていません。