アーカイブ

子育てと向き合う時間(中原香苗コーチ)

中原香苗

今日もたくさん叱ってしまったな。。。
何であんなキツイ言い方したんだろう。。。

子どもが寝てから母親としての自分を反省することは多々あっても、1年間の子育てを振り返ったり、来年の子育てを想像する時間なんて、なかなか持てないのが現状ではないでしょうか。

とくに、働く母親にとって、保育園や学童クラブから子どもが帰ってから寝るまでの数時間は戦場で、私も娘が保育園の頃は、おもらしをした汚れ物を洗いながら夕食を作り、ノロノロ食べる子を急かしながら明日の準備を整え、お風呂に入れ、寝かせる頃はいつもフラフラでした。

小学生になって、おもらしがなくなって楽になると思いきや、もっと手ごわい宿題が待っていました。

楽しくお友達と遊べる学童クラブで、当然、丁寧に宿題をやってくることは少なく、結局、寝るまでガミガミ。。。となりがちですよね。

そんな時、学童クラブからアンケートが届きました。

記入しながら、ふと、1年間の色々な思いが込みあげてきました。

そうだ。小学校に入学したばかりの頃は、友達ができるか、小学校や学童クラブが好きになるか不安で仕方なかったな。。。

通学途中の防犯をどうしようか真剣になやんだな。。。。

たった1年間で、あんなことも、こんなことも出来るようになった。

無性に娘が愛しくなり、自分に対しても「よく頑張ったな」と思えた時間でした。

ただ1年間を振り返るだけで、こんなに心の奥に隠れていた娘への想いや自分自身の今までの行動を振り返ることができるなんて…。

コーチングをためらっている方や、様々な都合で誰かに「話す」ことができない方、もし、あなたが辛くなったりイライラしたら、1年前の子どもの姿を思い出して、そこからゆっくり、共に過ごした1年間の印象的な出来事を何かに書いてみてください。

きっと、どんなに自分が頑張って子育てしてきたか気づくはずです。

このホームページをのぞくパパさんママさんは、みんな子育てに頑張って頑張って頑張って、ちょっぴり疲れてコーチングに興味を持ってくださった方だと思うから。

頑張るは「顔が晴れる」つまり笑顔になることといった日経新聞のエッセイを読み、そうだ、いっぱい笑って頑張って子育てしようと、もっと元気になりました。

今、大学の卒論研究で「働きながら就学前の子どもを育てる母親の子育て不安」に関して、アンケート調査をしています。

「忙しくて、アンケートになんて答えている時間はないわぁ」というママ達がアンケートを書きながら、自分は何を大切にしながら子育てをしているかに気づいていただけるように。。。

アンケートを記入しながら、どんなに自分が頑張っているのか実感していただけるように。。。

この子が小学校に入ったら、どんな生活が待っているのかと想像できるように。。。

当然、行政からOKをもらっても、保育園の園長さんに門前払いされてしまって働くママに届けられないことも多いのですが(泣)

自分のためだけの大切な時間が5分でもあったら、子育ての過去と未来をみてみませんか。

あなたの大切なお子さんは、来年の今頃、どんなことが出来るようになっているでしょうか。

 

 

コメントは受け付けていません。