アーカイブ

‘尾崎郁子コーチ’ カテゴリー

あとになって 思いつく (尾崎郁子コーチ)

尾崎郁子
尾崎郁子コーチのブログより

「あになって 思いつく 」

9月の連休は文化祭シーズン。
中二の次女エンジェル(以下ジェル)は、朝から友達と一緒に
ある高校の文化祭へ。

ジェルはどこの学校に行くかはわかっているけど、
それがどこにあるのか、どこの駅で降りるかも知らなかった。
さては Read the rest of this entry »

助言なんて思いつかない (尾崎郁子コーチ)

尾崎郁子
尾崎郁子コーチのブログより

「助言なんて思いつかない 」

大学が夏休みのため、日中珍しく長女のエイリアン(以下アン)と2人っきり。

おいしいベーカリーのランチに長女を誘った。
食べるのが大好きなアンは、二つ返事で車に乗った。

アンは時間をかけてパンを選び、
ドリンクバーでココアをなみなみついで、席に着いた。

1個目のパンを食べ終わったとき、私はふんわり切り出した。
「こないだ、大学院に4年行きたいって言ってたけど、 Read the rest of this entry »

やりたいことと 向いてること (尾崎郁子コーチ)

尾崎郁子
尾崎郁子コーチのブログより

「やりたいことと 向いてること 」

夕飯の後、アイスを食べながらエイリアン(以下アン)がぽつりと言った。

「最近、向いてることをやる方がいいかな、と思ったりする。」

何がはてなマークときくと

「将来。」

ついこないだまで、「ゼッタイ頭よくなって、ゼッタイお金持ちになるビックリマーク」と
豪語していたのに、どうしたんだろう。

きいてみた。

「これができるようになりたい、と思ってやってみると、
頑張って何とかできるようにはなるんだけれど、 Read the rest of this entry »

ジェルの朝会デビュー (尾崎郁子コーチ)

尾崎郁子
尾崎郁子コーチのブログより

「ジェルの朝会デビュー」

次女ジェルが小学校5年生の冬。

1週間後の小学校の朝会で、節分をテーマにスピーチするお役目が
突然ジェルに回って来た。

幼少に比べると、ずいぶん明るくなったけど、
人前でしゃべることは大の苦手。

「どうしよう、やりたくないけど、、、、他にやる人いないし、、、、」

最初は相当パニクっていた。
でも、まじめなジェルは、 Read the rest of this entry »

ピンチがチャンス (尾崎郁子コーチ)

尾崎郁子
尾崎郁子コーチのブログより

「ピンチがチャンス」

長女のアンが浪人中、バイトを始めた頃のこと。

夜、突然アンの部屋で何か投げつける音と震えるような声。

行ってみると、名刺くらいの大きさの紙がいっぱい散乱している。

私は「何やってんの!!!」と大声を出したいところを、ぐっと押さえて Read the rest of this entry »