未分類

育児はトラブルだらけ? 子育ての具体的な問題について切り込んでみる

育児をする上で重要な情報や子育ての際の知識を身につけることができるママ友ですが、ママ友に加入することで起きるトラブルというものも多くあります。
ママ友の利点は本来であれば育児に関するトラブルを相談させる場所、または育児教育に関する情報を提供する場所として機能するのが望ましいのですが、現実にはそのように機能することは希で、問題を抱えてしまうケースが多いのです。

ママ友コミュニティーはトラブルの温床!

事例としては、相手よりも自分の子供が優れているという感情に流された場合、相手のお子さんを馬鹿にしたり、相手の家庭が不利になるようなことを要求したりして相手を陥れようとすることもあるためママ友は一概に育児トラブルを解決するための場所や手段としては機能していない可能性も否定できないというお話です。

この場合、ママ友のコミュニティー内で親分となる方が存在し、陥れやすい方を探していることが問題となります。ママ友コミュニティー内のリーダーが行う嫌がらせに参加をしてしまっている加害者がいることが問題で後々コミュニティー内でトラブルとなり、場合によっては大人同士のいじめへと変貌。最悪のケースでは訴えられることもあります。

こうしたコミュニティーは実際のところ加入してみないと分からないという実態があるのですが、ネット社会においてもトラブルが発生します。

コミュニティーを形成した際、誰々が不満を挙げている! といったことについて簡単に特定しやすく、ネット上でそのコミュニティーがどうであるかという情報が開示されていないことも問題になります。

子供の喧嘩を親は諫めるべき?

育児トラブルの中でも問題視されており、現在においても、議論がある問題としては親が子供の喧嘩に出てきてもよいのか?という問題です。

この問題の議論のポイントとしては、子供同士で起きたトラブルを大人が公平にジャッジをすることができるかどうかが問題として挙げられます。

判定を下す大人が加害者である子どもの親であった場合、全力で加害者自動を擁護しないかどうかという点が挙げられています。つまりは、加害者であっても大人がうまく誘導することで加害者児童の責任を回避し、加害者側に非は無くむしろ被害者側に非があるという風に誘導をすることも可能です。

そうした場合子供は相手に対して強ければ何をしてもよいという風に解釈をすることもあり、そうした場合さらに被害者であった側の児童が暴力で相手を屈服させる道を取るのではないかという議論があります。この問題の論点としては加害者の児童の親が擁護していることが問題で公平にジャッジをしていないことが問題になります。

この場合、望ましい方法としては加害者・被害者に関係のない第3者を挟み問題を解決するか、子供同士で問題を解決するのが望ましいです。

しかし、子供同士のトラブルを解決させる場合や子供同士で解決させる場合においても、結局のところ公平なジャッジを子供が行うことが可能であるのか? という点が論点として挙げられており、公平な判断をすることができる大人がいるかどうかが現在の問題点でしょう。

インターネットの普及における育児トラブル

インターネットが普及するにつれ育児に関するトラブルを解決させる方法も簡単に探し出すことができるようになりましたが、それと同時に並行する形でインターネットの情報を信じることで育児においてトラブルを発症してしまう事例もあります。

この問題は、育児に関しての方法などが昔の方法と現在の方法では間違っているというお話です。

これは子供への叱り方などの他育児期においての子供の癇癪などに対しての対処法などのことを指します。育児を行うにあたり、叱り方として体罰を容認したり間違った体罰をしているということがインターネットで紹介されていて子供を必要以上に傷つけているのではないかという問題です。

この問題はインターネットの情報が正しい情報であるということが根本としてあり、正しい情報であるかどうかもわからずに実行し子供を傷つけている可能性があるということです。

インターネットの利点はだれでも情報を公開することができますが、問題点もあり、その情報を公開するにあたり確証が必要ではないと判断した場合、適当な情報でも支持されることもあります。

そのため、育児方法が専門家から見て間違っていても、支持されれば通ってしまいます。ただし、その後専門家が分析し間違いであると分ると途端に今まで支持をしていた方々が踵を返すように不支持者になります。

このようにインターネットが普及し、インターネットの情報を鵜呑みにしてしまった場合子供が最悪、傷ついてしまうこともあるというお話です。

インターネットの情報は何が正しいのかを見極めるための技量が無ければ、育児においてはトラブルを抱えてしまうことが多々あります。

嘘は嘘、真実は真実と見極めることのできる能力を必ず身につけましょう。